非城識人ノート

日本の城、中世史、読書、思いつき…など

寺院が語る渋谷の歴史@白根記念渋谷区郷土博物館・文学館

先日、白根記念渋谷区郷土博物館・文学館にて行われた「寺院が語る渋谷の歴史」を拝観しました。

f:id:sagisaka6656:20220102170155j:plain
本展ポスター
f:id:sagisaka6656:20220102170209j:plain
白根記念渋谷区郷土博物館・文学館

本展は、渋谷区内に所在する寺院が所蔵する資料・文化財を展示し、それら寺院の創建や由来、歴史について紹介するものでした.
1,渋谷の黎明と寺院の伝説 2,武家と寺院 3,地域の中の寺院 4,寺院で守られてきたもの という構成で展示が行われていました。

本展で印象に残った資料に、香林院所蔵の「松平真次像」がありました。松平真次は、徳川家臣で大給松平家の松平真乗の次男で、三河大給藩・奥殿藩を築いた人物です。香林院は、大給松平家菩提寺として寛文五年(1665)麻布小山に創建され、寛文8年(1668)の江戸大火により渋谷へ移転したそうです。香林院は、広尾駅の近くに所在しており、ブログ主も広尾周辺を歩いているときに、立派な門を持つ寺院があると認識していましたが、大給松平家ゆかりの寺院であるとは知りませんでした。

また、寶泉寺所蔵の「常盤薬師」という薬師如来像も、印象に残った文化財でした。郷土博物館・文学館の近くには、かつて常盤松という松があったといい、常盤御前に関する伝説が残されています。「常盤薬師」もこの常盤御前の伝説に関わるものでしょうか。

f:id:sagisaka6656:20220102170238j:plain
郷土博物館・文学館の近くにある常盤松の碑
f:id:sagisaka6656:20220102170314j:plain
常盤松の碑 解説

東福寺所蔵の「矢拾観音」は、源義朝に仕えた金王丸に関わるものと伝えられています。渋谷周辺には、源氏に関わる伝説が多く残されていますが、渋谷城を築いたとされる渋谷氏に関わるものでしょうか。東福寺は渋谷城跡として知られる金王八幡宮の隣に所在しており、ブログ主は恥ずかしながらその存在を知りませんでした。金王八幡宮別当寺として渋谷でも最古の寺院だそうですが、神仏分離令廃仏毀釈の影響はなかったのでしょうか。本展では、廃仏毀釈の影響については、触れられていなかったように記憶しています。

f:id:sagisaka6656:20220102170333j:plain
金王八幡宮

渋谷はブログ主も頻繁に訪れる場所ですので、渋谷の歴史を実感できる資料や、今まで知らなかった寺院の存在を知ることができ、勉強になりました。

▶「本ブログのトリセツ」へ

今年読んだ本2021

今週のお題「買ってよかった2021」

f:id:sagisaka6656:20211229144043j:plain
今年読んだ中公新書3冊

2021年も残りわずかです。今年最後のエントリでは、今年読み終わった本を振り返っていきます。
今年読み終わった本のうち、ブログで紹介した本は下記の20冊でした。

今年刊行された本

やっぱり中公新書

①伊藤俊一著『荘園 墾田永年私財法から応仁の乱まで』(中公新書、2021年)

天野忠幸著『三好一族―戦国最初の「天下人」』(中公新書、2021年)

③齋藤慎一著『江戸 平安時代から家康の建設へ』(中公新書、2021年)

今年も中公新書は歴史関係の新刊がたくさんでました。ブログ主は上の3冊を読みました。この3冊に共通した特徴としては、「荘園」「三好氏」「江戸」などテーマを1つに絞り、古代から中世、中世から近世への流れを叙述していた点でした。
通時的な視点から、そのテーマの歴史的な位置付けを明らかにする、まさに新書の醍醐味のようなものを感じた3冊でした。

ジェンダーを考える

国立歴史民俗博物館監修・「性差の日本史」展示プロジェクト編『新書版 性差の日本史』(集英社インターナショナル新書、2021年)

黒田基樹著『今川のおんな家長 寿桂尼』(平凡社、2021年)

高橋秀樹著『中世の家と性』(山川出版社日本史リブレット、2004年)

今年は歴史の中におけるジェンダーにも関心がありました。特に④は昨年行けなかった歴博特別展の書籍版であり、勉強になりました。⑥は今年刊行のものではありませんが、⑤と関連して読んだもので関心が深まりました。

最近の城本

⑦加藤理文著『家康と家臣団の城』(角川選書、2021年)

西股総生著『パーツから考える戦国期城郭論』(ワン・パブリッシング、2021)

藤木久志著『城と隠物の戦国誌』(ちくま学芸文庫、2021年)

2021年12月には、複数の城郭関連本が刊行されましたが、まだ⑦しか読めていません。⑨は文庫化された名著で、勉強しなおすことができました。

積読解消

洋泉社歴史新書y

⑩日本史史料研究会編『信長研究の最前線 ここまでわかった「革命者」の実像』(洋泉社歴史新書y、2014年)

⑪日本史史料研究会編『秀吉研究の最前線 ここまでわかった「天下人」の実像』(洋泉社歴史新書y、2015年)

⑫日本史史料研究会監修・平野明夫編『家康研究の最前線 ここまでわかった「東照神君」の実像』(洋泉社歴史新書y、2016年)

黒田基樹著『戦国関東の覇権戦争 北条氏VS関東管領・上杉氏55年の戦い』(洋泉社歴史新書y、2011年)

黒田基樹著『北条氏康の家臣団 戦国「関東王国」を支えた一門・家老たち』(洋泉社歴史新書y、2018年)

今は亡き洋泉社歴史新書ですが、本棚にたくさん積まれていたのでひたすら解消しました。最前線シリーズは、テーマ別にわかれているので、読みやすいです。

中世考古

⑮浅野晴樹著『中世考古〈やきもの〉ガイドブック 中世やきものの世界』(新泉社、2020年)

⑯千々和到著『板碑と石塔の祈り』(山川出版社日本史リブレット、2007年)

恥ずかしながら⑮が昨年刊行されていた事を知らなかったので、書店で見つけた後に急いで読みました。

戦国大名を考える

⑰村井良介著『戦国大名論 暴力と法と権力』(講談社選書メチエ、2015年)

⑱仁木宏著『戦国時代、村と町のかたち』(山川出版社日本史リブレット、2004年)

藤木久志著『土一揆と城の戦国を行く』(朝日選書、2006年)

⑳大石泰史著『城の政治戦略』(角川選書、2020年)

戦国大名とは何か。今年の個人的で重大な問題意識でした。まだまだ勉強が足りない…。

今年の反省

今年は週一(木曜)更新を目標に記事を書きました。残念ながら毎週は更新できませんでしたが、40数件ほど記事を書くことができました。昨年まで三日坊主でしたが、今年はかなり習慣化してきました。まあ遡及投稿や予約投稿も多かったので、厳密には毎週書いていたわけではありませんでしたが…。
まだまだ至らない点の多いブログですが、講読していただき、星もつけて下さった方々に感謝を伝えたいです。来年もよろしくお願いしますm(_ _)m


▶「本ブログのトリセツ」へ

勝手に博物館展覧会アワード2021

 2021年も残りわずかとなりました。今年も博物館が臨時休館となったり、特別展・企画展の会期が変更・短縮されたりするなど、まだまだコロナ禍の影響が大きい一年でした。その一方で、博物館では来館者の安全のため、様々な感染対策が施されており、博物館関係者の皆様のご尽力により、楽しく博物館を利用することもできました。来年は、もっと博物館に訪れやすいような状況になっていることを願うばかりです。

今年訪れた特別展・企画展

 今年訪問した博物館の特別展・企画展のうち、本ブログで掲載したものは、以下の17件でした。

〈東京都〉
石神井城 中世豊島氏ここにあり@練馬区石神井公園ふるさと文化館
すぎなみの地域史4杉並@杉並区立郷土博物館
武蔵野の中世@武蔵野ふるさと歴史館
戦国時代の漆器 出土品からみた漆器の様相@葛飾区郷土と天文の博物館
中世武士目黒氏の軌跡 列島を駆け抜けた武士たち@めぐろ歴史資料館

〈埼玉県〉
戦国の比企 境目の城@埼玉県立嵐山史跡の博物館
実相 忍びの者@埼玉県立嵐山史跡の博物館
難波田氏とその時代@富士見市立難波田城資料館

〈神奈川県〉
祈念の島 中世文書にみる江島弁才天信仰@藤沢市文書館
よみがえる中世のアーカイブズ いまふたたび出会う古文書たち@神奈川県立金沢文庫
早雲寺 戦国大名北条氏の遺産と系譜@神奈川県立歴史博物館
戦国時代の鎌倉@鎌倉歴史文化交流館

〈栃木県〉
長沼氏から皆川氏へ 皆川文書でたどるその足跡@栃木県立博物館

静岡県
中遠の古刹 真言宗西楽寺Ⅲ 年中行事@袋井市郷土資料館
寺社からたどる戦国の焼津@焼津市歴史民俗資料館
駿河の南北朝動乱展@藤枝市郷土博物館・文学館

〈長野県〉
戦国武将の書状展@上田市立博物館

総評

 今年もブログ主の趣味に任せて、日本中世史に関わる企画展を中心に訪問していました。今年は承久の乱(1221年)から800年にあたる年であり、京都文化博物館では特別展「よみがえる承久の乱」が行われるなど、話題になりました。関東でも、栃木県立博物館での「長沼氏から皆川氏へ 皆川文書でたどるその足跡」展をはじめ、富士見市立難波田城資料館の「難波田氏とその時代」展、めぐろ歴史資料館「中世武士目黒氏の軌跡 列島を駆け抜けた武士たち」展など、承久の乱をきっかけに飛躍した氏族を特集した展示が行われていました。



 来年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は北条義時が主人公であるので、鎌倉時代をテーマとした企画展は、来年度さらに増えるものと思われます。

展示テーマ部門

oshiroetcetera.hatenadiary.com
 今年訪問した展覧会の中でも、葛飾区郷土と天文の博物館にて行われた「戦国時代の漆器」展は、かなり攻めたテーマだと感じました。出土した戦国時代の漆器が全国から集められる貴重な機会に立ち会うことができました。

図録部門

oshiroetcetera.hatenadiary.com
 今年購入した図録の中では、埼玉県立嵐山史跡の博物館にて行われた「実相忍びの者」展のものが読みごたえがありました。文書の画像にそれぞれ釈文が添えられており、解説文も言葉をつくして詳しく書かれていました。
 他の図録では、前述した栃木県立博物館「長沼氏から皆川氏へ 皆川文書でたどるその足跡」展も素晴らしかったです。報告書としての性格が強いものでしたが、文書の画像にそれぞれ釈文・読み下し・解説が付されており、大変丁寧なつくりでした。

大賞

oshiroetcetera.hatenadiary.com
 今年一番印象に残った展示は、神奈川県立歴史博物館「早雲寺 戦国大名北条氏の遺産と系譜」展でした。北条氏の文化力や小田原から去った後の北条氏の動向、由緒の創出・保存活動など、早雲寺所蔵の資料から、新たな北条氏の一面を発見することができました。図録の内容も充実していましたが、文書に釈文が付されていなかった点が少しだけ残念でした。


 ブログ主の独断と偏見に基づき、勝手気ままに賞を選定しましたが、今年訪問した展覧会は、どれも面白く、勉強になりました。来年も今年のようにたくさんの博物館に訪れたいな…。

f:id:sagisaka6656:20211228112459j:plain
称名寺仁王門(金沢文庫)

▶「本ブログのトリセツ」へ

齋藤慎一著『江戸 平安時代から家康の建設へ』(中公新書、2021年)

齋藤慎一著『江戸 平安時代から家康の建設へ』(中公新書、2021年)読了。
「江戸の変遷を中世から連続して考える」という視点から家康の江戸入城と城下建設を再評価する一冊。

f:id:sagisaka6656:20211222170606j:plain
齋藤慎一著『江戸 平安時代から家康の建設へ』(中公新書、2021年)

概要と感想

 本書は、全体として「家康が入城した頃の江戸城はどのようだったか」という問題意識から、江戸の建設を叙述する。

中世の江戸は寒村だったか

 前半は、家康が入府した頃やそれ以前の江戸の様相について、平安時代末まで歴史を遡り、残された文献史料や東京の考古遺跡から、中世江戸の景観を復元する。その視点として、中世江戸の中心となった「高橋」「大橋」という2つの橋の変遷を取り上げ、交通路・幹線道の復元や、江戸氏や太田道灌が拠点とした中世江戸城の姿を最大限に明らかにしている。また、北条氏領国期における江戸城古河公方の関わりについても述べており、中世江戸の歴史的位置について考察を行っている。

家康期の江戸城の姿は

 そして後半は、数少ない史料や複数の「慶長江戸図」の比較検討から、家康が改修した当時の江戸城とその城下を復元する。家康入府以降の江戸は、町場や寺社の移転、平川の流路や幹線道・本丸登城路の変更などが行われた。その過程を、徳川入封段階・御新城普請段階・関ヶ原合戦前後段階・御新城西の丸化段階に整理し、江戸が段階的に拡張した様相を叙述する。また、城館の構成要素の一つである「馬出」に着目して、慶長期の江戸城と他の城館との比較を行い、当時の築城の流行の中に江戸城を位置づけている。

「連続して考えるという視点」

 本書の特徴は、あとがきにも記されるように「江戸の変遷を中世から連続して考える」という筆者の視点から語られることである。従来、大都市江戸・東京の建設は、家康の関東入封を起点に語られることが多いため、家康が江戸を一代で1から築き上げたようなイメージがなされる。しかし、家康入封以前から江戸城や城下の町場は存在していた。本書では、この中世江戸城やその周辺の町場・交通路を、残された史料・遺跡の発掘状況から可能な限りの復元を試みている。そのうえで、家康入封後に行われた町場・幹線道・平川の流路の変更を分析している。そのため、江戸に入城した家康が、中世江戸から継承したもの・変更したものを段階を追って明確にし、家康が江戸の発展にもたらした業績を正確に把握している。家康の業績を、現代の東京につながる近世の大都市江戸の始点として過大に評価するのではなく、中世から近世へ連続し転換する江戸の変化の中で、家康の業績を相対的に位置づける。本書でも述べられているが、こうした筆者の視点は、江戸幕府の成立時期を再考するヒントにもなりそうである。
oshiroetcetera.hatenadiary.com
 本書とほぼ同時期に刊行された加藤理文著『家康と家臣団の城』(角川選書)では、家康とその家臣団の城を巨視的・共時的に俯瞰し、その総体の叙述を試みていた。一方で本書の叙述は、江戸という地点を通時的な視点から検討し、家康による築城・城下建設の画期を浮かび上がらせたものであった。様々な方法で家康の城の特徴が検討されているが、一つの城館に着目して中世から近世への連続として考えることの重要性を、本書は物語っている。


読書メーターにも感想を残しました(ユーザー名:masagy)↓
bookmeter.com

▶「本ブログのトリセツ」へ

加藤理文著『家康と家臣団の城』(角川選書、2021年)

加藤理文著『家康と家臣団の城』(角川選書、2021年)、読了。
織田・豊臣の城とは異なる、徳川家康やその家臣団の城の特徴をまとめ、幕府や徳川家臣団がどのような城づくりを目指していたのかを明らかにすう一冊。

f:id:sagisaka6656:20211205065643j:plain
加藤理文著『家康と家臣団の城』(角川選書、2021年)

概要と感想

 本書は、中井均著『信長と家臣団の城』(角川選書、2020年)と同著『秀吉と家臣団の城』(角川選書、刊行予定)との三冊セットを構成するものであるらしい。本書でも徳川家康の居城だけでなく、一門や家臣団の居城、合戦での陣城まで、家康の築城を体系的に分析している。
 


 本書の特色は、最新の研究状況から徳川家の城の特徴を明らかにしようとするところである。特に、駿府城天守台の発掘調査の成果についても言及がなされている。天正13~15年の間に、徳川家康は豊臣政権ナンバー2の地位を得るという変化を経ているため、駿府城はその地位にふさわしい城として、「豊臣政権が全面的に関与して改修工事を実施しようとした」と評価している。
 また、戦国大名徳川家の築城の特色として、丸馬出の使用をあげ、諏訪原城や丸子城を例に丸馬出が必ずしも武田氏城郭の専売特許ではなかったことを述べている。その後、小牧・長久手合戦後に対豊臣を想定した領国内の城の大規模改修を行うといい、この時期に三河から遠江駿河にかけての主要な城に、丸馬出をはじめとした技巧的な縄張を積極的に用いているようになったとしている。以上のように、東海の徳川氏領国の城について、豊臣政権と徳川氏との政治関係の変遷を追いながら、その築城・改修の時期や城郭構造の再評価を行っている。
 そして、関ケ原後から大坂の陣までの豊臣氏と徳川氏の“冷戦”関係における築城の様相を解説する。石材の少ない関東への移封したため、築城工事の技術者集団の成長が遅れていた徳川氏は、関ヶ原後において豊臣系大名を天下普請に動員することで、徳川方の拠点を増強しており、さらに彼らとの縁戚関係を築くことで“大坂城包囲網”を固めっていったという。

気になったところ

 本書を読んでいて物足りなさを感じたのが、徳川家の関東移封後における築城の動向である。徳川家臣団の城として、井伊直政箕輪城が紹介されていたものの、関東移封後~関ヶ原までの家臣団の城として詳細に解説されたものは箕輪城のみだったように感じた。この時期の関東領国における家臣団の城や、本拠江戸城の様相についてはまだまだ不明確な点も多いように感じた。研究の進展が待たれる点であると思われた。

▶「本ブログのトリセツ」へ

中世武士目黒氏の軌跡 列島を駆け抜けた武士たち@めぐろ歴史資料館

先日、めぐろ歴史資料館にて行われた特別展「中世武士目黒氏の軌跡―列島を駆け抜けた武士たち―」を拝観しました。

f:id:sagisaka6656:20211125231433j:plain
本展ポスター
f:id:sagisaka6656:20211125231510j:plain
めぐろ歴史資料館入口

 本展は、目黒区ゆかりの武士目黒氏の日本列島における活動を追う展示でした。目黒氏は現在の目黒区にあたる武蔵国荏原郡目黒村周辺の武士とみられ、『吾妻鏡』に「目黒弥五郎」がみられました。その後、目黒氏は承久の乱後の西遷御家人として出雲国でも活動がみられます。また、南北朝時代以降には、陸奥国伊具郡島田村(宮城県角田市)に移り住んだ者もあり、伊達家に仕えた目黒氏に関する文書や兜の展示もありました。また、同じ陸奥国でも会津地方にも別の目黒氏一族がいたようで、伊達家による蘆名領侵攻に伴い、越後国魚沼郡(新潟県魚沼市)に移り住み、上杉景勝から盃を拝領する有力者となっていたようです。
 本展では、陸奥国越後国出雲国など、全国各地に散らばった目黒一族の数少ない資料を集めて展示しており、中世の戦争状況に翻弄され、各地に移り住んだ氏族の動向が窺えました。本展には図録があったのですが、閉館間際に拝観していたため、購入できませんでした(泣)。

 今回、初めて目黒区のめぐろ歴史資料館に訪問しました。同館は旧目黒区立第二中学校を利用した博物館で、外観も学校そのものでしたが、常設展示もこじんまりとしていながら、内容は充実したものとなっていました。特に「近世の目黒」ゾーンにおける目黒富士という富士塚で発見された胎内洞穴を実寸大で再現しており、様々な「謎」に関する解説がなされていたのが印象的でした。旧学校施設を利用した博物館でしたが、空調の管理などが徹底されており、展示施設として丁寧な改修がなされている印象を受けました。こうした事例の博物館としては、モデルケースになりうるものとして、学ぶ点が多かったです。

f:id:sagisaka6656:20211125231546j:plain
めぐろ歴史資料館外観

▶「本ブログのトリセツ」へ

戦国時代の漆器 出土品からみた漆器の様相@葛飾区郷土と天文の博物館

先日、葛飾区郷土と天文の博物館にて行われた特別展「戦国時代の漆器―出土品からみた漆器の様相―」を拝観しました。

f:id:sagisaka6656:20211125231740j:plain
本展ポスター
f:id:sagisaka6656:20211125231844j:plain
葛飾区郷土と天文の博物館

 本展は、中世以降諸階層に広く食器として使用された漆器について、葛飾区の葛西城にて出土した戦国時代の漆器を中心に、各地の城館などで出土した資料を通して戦国時代の漆器の様相を考えるものでした。戦国期の城館から出土する遺物は、陶磁器やかわらけが多いですが、漆器が出土するのは立地条件に大きく左右されるため、漆器のみを特集し、さらに各地の出土品との比較も行った展示はかなり珍しい(攻めている)ものだと個人的に思いました。
 漆器をはじめとする木製品は、日本の土壌であると虫や菌類によって分解されるため、通常は残らない場合が多いですが、地下水など水分を多く含んだ沖積低地などは、木が土中で真空パックされて酸素が遮られる状態になるため、腐食が進まずに残るそうです。よって葛西城のような水辺に近い平城で漆器が出土しています。本展で漆器が展示された遺跡は以下の通りです。
 騎西城(埼玉県)・深谷城(埼玉県)・葛西城(東京都)・鎌倉(神奈川県)・小田原城(神奈川県)・駿府城内遺跡(静岡県)・小川城(静岡県)・清州城下町遺跡(愛知県)・七尾城跡シッケ地区遺跡(石川県)・一乗谷朝倉氏遺跡(福井県)・草戸千軒町遺跡(広島県)
 このうち、各地の城館跡から出土した漆器が展示されていましたが、やはり葛西城から出土した漆器は約70点以上と、最も多く展示されていました。戦国時代の漆器研究のメッカなのかもしれませんね。
 本展では、漆器を形態を①器高が高い椀・②器高が低い椀・③皿の3つに分けて分類したり、漆器に描かれた文様の分析を行うなど、様々な視角から漆器を分析しており、興味深い展示でした。
 本展では図録も発行しており、展示を復習することができます。また本展のオリジナルグッズとして葛西城跡から発掘された「青花器台」「漆器椀」があしらわれた定規も販売されており、購入しました。

f:id:sagisaka6656:20211126002425j:plain
本展図録
f:id:sagisaka6656:20211126002612j:plain
オリジナルグッズの定規

 葛飾区郷土と天文の博物館は、2020年にリニューアルオープンされたそうで、2階常設展示室「かつしかの歴史」は、白を基調としたデザインの展示室で、展示資料が見やすいものとなっていました。黒を基調とした展示室をもつ博物館は多くありますが、床から壁・天井まで白色で統一された展示室は珍しく感じました(美術館ではよく見られるかも)。また映像資料や、タッチパネル展示も多くあり、充実していました。当館では、新型コロナウイルス対策が徹底されており、タッチパネルに触れる用の手袋や、入館者用のバッチを着用するなど、安心して展示を楽しむ工夫がなされていました。博物館の在り方としても、学ぶ点が多く、勉強になりました。

▶「本ブログのトリセツ」へ