非城識人ノート

日本の城、戦国時代、中世史、思いつき…など

黒田基樹著『戦国関東の覇権戦争 北条氏VS関東管領・上杉氏55年の戦い』(洋泉社歴史新書y、2011年)

黒田基樹著『戦国関東の覇権戦争 北条氏VS関東管領・上杉氏55年の戦い』(洋泉社歴史新書y、2011年)読了。
伊勢宗瑞の関東進出から上杉謙信が死去するまで、関東支配の正当性をめぐって争った北条氏と上杉氏の争いを中心に、戦国期関東の政治世界を叙述する1冊。

f:id:sagisaka6656:20210331175211j:plain
黒田基樹著『戦国関東の覇権戦争 北条氏VS関東管領・上杉氏55年の戦い』(洋泉社歴史新書y、2011年)

概要と感想

本書では、戦国期関東の政治史・合戦史を、北条氏と上杉氏の争いを主軸に、両者の間で揺れ動いた国衆たちの存在に注目しながら叙述している。北条氏綱vs山内・扇谷両上杉氏の期間や、北条氏康vs上杉謙信の期間、そして越相同盟成立と解消まで、北条氏と上杉氏は、関東管領の立場や政治秩序を意識しつつも、国衆の動向に左右されながら攻防を続けていたことがよく理解できた。また越相同盟後に自立しはじめる佐竹ら北関東の勢力や、謙信死後に意識されなくなる関東管領の地位など、室町時代以来の政治秩序が、徐々に弱体化していく様相も時系列を追って把握することができた。そして北条・上杉両者の間で選択を迫られた国衆の家内部における分裂や、北条・上杉による介入など、関東の勢力図の変動を左右する国衆の動向に注目することで、戦国大名個人のカリスマ性などでは説明できない戦国期合戦の複雑な構造を理解できる。

気になったところ

羽生城での攻防や上野国新田領周辺の政治状況など、城館をめぐる合戦についても、もう一度復習したいポイントがあった。備忘のために記す。

▶「本ブログのトリセツ」へ

仁木宏著『戦国時代、村と町のかたち』(山川出版社日本史リブレット、2004年)

仁木宏著『戦国時代、村と町のかたち』(山川出版社日本史リブレット、2004年)読了。
山城国西岡地域と同国大山崎を舞台に、村と町における土豪や連帯組織が、室町後期・戦国時代にかけてどのように社会的に存在したのか、残された文書をもとに追う1冊。

f:id:sagisaka6656:20210304180908j:plain
仁木宏著『戦国時代、村と町のかたち』(山川出版社日本史リブレット)

概要と感想

本書では、村の土豪・国衆らの連帯組織である「国」をが出現した西岡地域と、「宿老」や「若衆」による「惣中」と呼ばれる組織が結成され「所」と呼ばれる共同体であった大山崎の町が、外部権力側とどのような関係を築いたのか、また支配権力側はこれらをどのように認識したのか叙述している。
15世紀後半に西岡では「御被官人中」という自律的な集団を結成し、西岡・中脈という地域を単位としたが、16世紀にかけて御被官人中は国衆へ変化し、彼らを構成員とする「国」が確立する。彼らは個別に被官関係を結びながらも、地域社会における公権を担う「国」への結集を維持していた。
大山崎では、15世紀前半から天神八王子社の宮座を紐帯とした「惣中」と呼ばれる組織があらわれ、「宿老」「若衆」という重層的な組織をつくり、町の地域領域を確定するため牓示を打つなどした。大山崎は西岡よりも集団原理の発達が早熟していたが、どちらも一揆的な集団原理をもち、領域内の諸問題を自律的に解決する能力を獲得し、構成員からも外部権力も「公」的な存在と認められるようになった点で共通していた。
しかし西岡地域は、三好政権下では「国」の裁許機能を尊重しつつもより上位の立場から裁定をくだすようになり、織田政権下では国衆が相論に姿を見せなくなり織田家細川藤孝の奉行衆が審理にあたるようになる。大山崎では、三好・織田政権が禁制や徳政免除を行って特別な保護を行ったが、特に織田政権下では直轄都市化が進められ、町の共同体の上に位置する「公」と認めさせるようになる。
このように、近世権力は「国」や「所」の枠組みの存在を認めつつも、「国」には直臣を国衆の中に送り込んで権力組織の中に地域社会のメンバーを組む込み、町に対しては直轄都市とすることで上位の「公」として認めさせることで、それぞれを支配領域に変えていっていった。戦国期以降の武家権力は、「下からの公」により生まれた「国」や「所」といった枠組みを承認しつつも、これらに「上からの公」を認めさせることで、全国支配を成した。

気になったところ

本書を読んで気になった点は、地域社会における城の役割である。西岡地域の勝龍寺城は勝龍寺の寺内の一部を利用して築かれ、応仁・文明の乱頃には境内をそのまま城郭化するようになっていた。勝龍寺は交通上の要衝に位置していることから都市的な発展を遂げいたため、城は臨時的な守護所機能を果たす場となった。三好政権下では西岡の土豪たちと三好氏の近臣らが共同で勝龍寺城の要害普請を担っている。足利義輝暗殺後には石成友通が勝龍寺城に入城したが、これは西岡の「国」の結集拠点が同城であったことをあらわしており、勝龍寺城に入城することで西岡の「正当な」領主として認められたという。また1573年、対立しあう足利義昭織田信長のいずれに味方するか迷う細川藤孝に対し、革島秀存は「当城に対して無二の御覚悟」を示している。秀存は藤孝個人への忠節ではなく「当城」=勝龍寺城に対する「覚悟」から藤孝への協力を表明していることから、藤孝の支配にとって西岡の領域と勝龍寺城がセットで重要であったとしている。
このように、城と地域社会の結びつきが窺えるのも本書の魅力である。勝龍寺城は村の土豪の「私的」な城ではなく、守護方や三好政権・織田政権が利用した「公的」な側面をもつ城であり、西岡という領域とセットのものとして、外部権力からも地域社会からも認められていたことがわかる。地域社会において城がどのような役割を果たしていたのか、私的(?)な城と公的な城のそれぞれの運用の仕方・棲み分けなど、考えてみたいことがたくさん浮かんだ。


▶「本ブログのトリセツ」へ

石神井城 中世豊島氏ここにあり@練馬区立石神井公園ふるさと文化館

先日、練馬区石神井公園ふるさと文化館にて行われている企画展「石神井城 中世豊島氏ここにあり」を拝観しました。

f:id:sagisaka6656:20210408230713j:plain
企画展ポスター
f:id:sagisaka6656:20210408230621j:plain
練馬区石神井公園ふるさと文化館

本展では、練馬区石神井公園内にある東京都指定史跡石神井城について、その歴史や新たに区に移管された出土品を公開する展示となっていました。中世の石神井城やその周辺を知ることができる史料や、考古遺物の展示があると聞いたため、足を運びました。

本展は主に、中世史料・考古資料・伝承の3つのブロックに分かれており、中世史料・古文書は、最初のブロックで展示されていました。石神井郷内宮城行尊跡相伝系図(複製、豊島・宮城文書)は、豊島氏が石神井郷の権利を主張するために作成された、土地の継承を示した系図で応永2年(1395)の作成と推定されます。また文安5年(1448)の熊野領豊島年貢目録(複製、熊野那智大社原蔵)は、熊野三山の社家である米良家が、豊島郡内の熊野社領における年貢負担や年貢額を示したもので、「石神井殿」など石神井周辺の地名が散見される史料です。石神井という地名が、中世から見えるものであることがわかり、また同地域を豊島氏が治めている様子がうかがえました。その豊島氏は、戦国期になり危機を迎えます。文明9年(1477)の古河公方足利成氏の感状(複製、豊島・宮城文書)では、宛先の豊島勘解由左衛門尉が、長尾景春の乱の際に景春に味方していることが読み取れます。太田道灌状(複製、國學院大學図書館原蔵)では、同年に石神井城が太田道灌に攻められて、豊島氏は没落しています。その後の小田原衆所領役帳(複製、国立公文書館原蔵)では、小田原北条氏に従属した道灌のひ孫康資の領地の一つに「石神井」の地名がみられますが、石神井城は廃城となったようです。

石神井城跡は大正8年(1919)に標識史跡とされ保存が始まります。その頃の城跡の写真なども展示されています。また昭和31年(1956)からはじまった発掘調査を物語るものも展示されており、特にかつての調査の「忘れ物」として出土した移植ごてやコーラ缶からは、当時の発掘の様子が偲ばれました。発掘成果としては、堀から出土した板碑の破片や、土塁基底部から出土した小刀、青白磁の梅瓶・青磁碗など、多数の遺物が展示されていますが、およそ城に関わるものは15世紀後半から16世紀前半のもので、城が機能していたのは15世紀半ば頃を中心とした短い期間だったようです。豊島氏の居城とされる石神井城ですが、領主が日常生活を営んだ場所だったか再考の余地がありそうです。

江戸時代になると、幕府の旗本豊島泰盈という人物が、自身のルーツを石神井城の豊島氏に求め、由緒をつくるようになります。江戸時代後半では、様々な紀行文に石神井城が登場します。また三宝池の金の鞍伝説や照姫伝説など、石神井城に関わる伝説も語られるようになり、特に照姫伝説は、大正4年に開通した武蔵野鉄道(現、西武池袋線)の唱歌にも歌われるなど、沿線の観光資源開発にも利用され、照姫まつりなども行われるようになりました。

このように本展では、石神井城そのものの歴史から、廃城後に語られた由緒・伝承、そして発掘調査の歴史・成果まで、石神井城の魅力の全てが楽しめるものとなっていました。

f:id:sagisaka6656:20210408231110j:plain
パンフレット『石神井城跡 発掘調査の記録』

同館で50円で販売されていたパンフレット『石神井城跡 発掘調査の記録』も購入。勉強したいと思います。

f:id:sagisaka6656:20210408231449j:plain
石神井城主郭

帰りに石神井城跡へ寄り道。フェンス越しから横堀が見えました。いつか内部を踏査してみたいなあ。

f:id:sagisaka6656:20210408232233j:plain
企画展ポスター(表)
f:id:sagisaka6656:20210408232307j:plain
企画展ポスター(裏)

出品資料リスト↓
f:id:sagisaka6656:20210408232359j:plain
f:id:sagisaka6656:20210408232419j:plain
f:id:sagisaka6656:20210408232436j:plain
▶「本ブログのトリセツ」へ

すぎなみの地域史4杉並@杉並区立郷土博物館

先日、杉並区立郷土博物館(本館)にて行われている企画展「すぎなみの地域史4杉並」を拝見しました。

f:id:sagisaka6656:20210331180641j:plain

f:id:sagisaka6656:20210331181522j:plain
杉並区立郷土博物館

本展は、杉並区内の4つの地域(和田堀・高井戸・井荻・杉並)それぞれの歴史や文化を掘り下げるシリーズ展示「すぎなみの地域史」の第4弾だそうで、旧杉並町域に関連した歴史・文化を紹介する展示となっていました。古代から近現代までの資料を展示するものでしたが、その中でも戦国時代の古文書が数点展示されていると聞き、足を運びました。

1点目は、中野区指定有形文化財天正4年小田原北条氏朱印状(堀江家文書・宝仙寺蔵)で、江戸城の塀が破損した場合に、塀4間分の修復を阿佐谷の百姓中に割り当てることを命じた朱印状でした。この文書では、塀の修復は3人の奉行の命令に従い3日中に行うこと、奉行から修復に従事したことの証明書をもらうこと、奉行人らの言いがかりや不正があれば、小田原城へ直訴するように定めており、江戸城修復の具体像が浮かび上がるものでした。江戸城の「中城」という部分の塀修復に関わる史料ですが、江戸城の「中城」が現在のどの部分なのか、個人的に興味深い点でした。

2点目は、同じく中野区指定有形文化財天正12年小田原北条氏朱印状(堀江家文書・宝仙寺蔵)でした。この文書は、「正木棟別麦」について、毎年納めている数量のうち8俵を期限までに小田原城へ届けるよう、中野・阿佐ヶ谷の小代官・百姓中に命じたものです。「棟別」は家数に応じて賦課された棟別銭のことであり、「正木棟別麦」は麦を対象としたものと思われるため、現物の麦で税を納めることを命じたものだとみられます。当時の北条氏の税収取方法を知るうえで貴重な史料の一つだと思いました。北条氏は大規模な徳政を行ったことでも知られますが、当時「麦」で納めることにどのような意味があるのか、もう少し考えてみたいです。

3点目は、同じく中野区指定有形文化財天正18年豊臣秀吉朱印状(堀江家文書・宝仙寺蔵)で、豊臣秀吉天正18年に小田原北条氏を攻めたときに、「中野郷五ヶ村」へ発給した禁制の朱印状でした。「中野郷五ヶ村」は、一般に中野・上沼袋・下沼袋・阿佐ヶ谷・和田とされるそうです。同様の4月日付の秀吉の禁制は相模国上野国にも発給されているようで、秀吉の関東進出にあたり大量に発給されたみたいです。

本展で紹介された中世文書は、3点とも戦国期の小田原北条氏に関わるもので勉強になりました。特に3点とも「阿佐ヶ谷」の地名が見られたことが興味深かったです。郷土博物館の常設展示では、中世に「阿佐ヶ谷」の地名を名字とする武士の名前が史料に見えるとの解説もなされており、当時の阿佐谷の様相が垣間見れるようでした。

また本展では、当時の杉並地域の様相を知る資料として、貞治年代板碑(個人蔵)も展示されていました。杉並第六小学校西側の共同墓地にあった貞治年間(1362~1368)の板碑で、阿弥陀如来を示す梵字キリークと、花弁が配されているものでした。大円寺所蔵板碑(大宮八幡宮旧境内地)も貞治年代板碑と同様式だそうで、その共通様式から古道伝承上の地を結ぶ板碑として注目されているそうです。
現在の阿佐ヶ谷パールセンター商店街や南阿佐ヶ谷すずらん通り商店街を結ぶ通りは、「権現みち」と呼ばれる古道だそうで、本展の貞治年代の板碑は、この古道の付近にあったもので、同じ道を南下すると大宮八幡宮に至り、この付近で同様式の板碑が出土したようです。このことから「権現みち」は中世から使われていた可能性が考えられるようです。こうした板碑の存在から杉並の中世の様相・景観を復原できると考えると楽しくなってきます。ちなみに「権現みち」と呼ばれるこの古道を北上すると、鷺宮駅の西側を通って練馬城址である旧豊島園の近くにある円光院まで通ずるそうで、また南下すると高千穂大学の正門前を通過して府中道(現、人見街道)にまで至るようです。

本展での中世の資料は、たった数点だったにも関わらず、杉並地域の中世の様相・景観を考えるヒントが多く、非常に面白かったです。また杉並に来る際は、この古道を歩いてみたいと思いました。

f:id:sagisaka6656:20210401021708j:plain
「すぎなみの地域史4杉並」チラシ(表)
f:id:sagisaka6656:20210401021714j:plain
「すぎなみの地域史4杉並」チラシ(裏)

ブログ主自身、杉並区立郷土博物館に初めて訪問しましたが、常設展示もこじんまりとしていながら、豊富な情報量で杉並区の歴史を概観できるものでした。博物館の敷地では、長屋門や古民家の屋外展示もあり、見どころは多いです。また荻窪駅に程近い天沼弁天池公園の一角には郷土博物館の分館もあるようなので、いつか訪問してみたいです。

f:id:sagisaka6656:20210401023605j:plain
「今川氏と杉並の観泉寺」展示図録

帰り際に、企画展「今川氏と杉並の観泉寺―観泉寺文書を中心として―」の図録を購入しました。観泉寺は以前に訪問したことがあるのですが、近世今川氏についての知識についてはまだ疎いので、勉強したいと思います。

▶「本ブログのトリセツ」へ

高橋秀樹著『中世の家と性』(山川出版社日本史リブレット、2004年)

高橋秀樹著『中世の家と性』(山川出版社日本史リブレット、2004年)読了。
「家」を単位とする社会へ移り変わった中世。同時期の文献資料や絵画資料から、結婚や居住、家の継承や家産の相続、家内のジェンダーなどの様相を探る1冊。

f:id:sagisaka6656:20210302151113j:plain
高橋秀樹著『中世の家と性』(山川出版社日本史リブレット)

前回、『今川のおんな家長 寿桂尼』(平凡社)を読んだので、関連する文献として一読した。

概要と感想

本書では、主に中世の貴族の古記録を中心に、「家」における男性と女性の役割を解き明かしている。「北条政子」という名前は同時代に見られる表現ではなく、江戸時代以降に実名不詳の女性に対して当人の出身の家の名前「○○氏」と用いられたことから、昭和期に実名が明らかな政子にも準用されたものとしている。著者は現行で使用されている歴史上の人物(特に女性)の名前にも、こうした近世・近代の家族観が反映されているとし、同時代の史資料から家と性の問題を探る必要性を述べている。

古代社会から中世社会への移り変わりは「氏から家へ」の変化とされる。中世に至っても氏の名は生まれながらのものであったが、名字は現住所を示すものであり、婚姻や移住によって変化するものであった。よって北条時政の娘も、北条に居住していた頃は「北条の姫」と称されることはあっても、鎌倉に移り将軍の家を作り上げてからは北条の名字を称することはなかった。
中世の家では、結婚が行われると基本的に夫方居住形態となるが、父子は別居することとなる。公家の経済力が弱まった南北朝以降も、同一敷地でも子息夫婦は新居を設け、二世帯型の住居の形をとったという。

中世の「家」は一つの組織体として、家産をもち、家業を営んでいた。貴族の家では家の継承の際に、家の文書や祖先の日記を継承する。これは、貴族の家が特定の官職と「家」の職能が結びついた結果、政務や儀式を行う上で先例を参照するためである。文書や日記を継承された嫡子が家を継承したが、女性はこうした相続からは排除されていた。

中世貴族の家では、夫婦それぞれが財産・所領等を有しており、妻も経済力をもっていたが、その財産の運用については、家長である夫とその家政機関が家計を担う場合があった。しかし、妻は家中の「食」を取り仕切っており、台所事情の家計について妻は関与していた。これは絵巻にも女性が火を使い、煮炊きをしている様子が見て取れ、食器などの日常的な物品の管理も行っていたようである。

最後に天皇家における性について述べられている。南北朝時代以降、皇后・中宮という存在がなくなり、天皇に仕える禁裏女房が天皇と性的関係を持ち、性が「家」に閉じ込められ主従化していたことを明らかにしている。

本書では、主に貴族の古記録や絵巻などから、近世・近代の家族観のイメージとは異なる、中世の家と性の様相を明らかにしており、非常に興味深く読むことが出来た。しかし、本書では天皇や貴族の事例が多く扱われていた。戦国時代に家督を相続した特殊なケースとして井伊直虎の事例も提示されたが、近年直虎の研究も進展しており、再検討の余地もあると思われる。中世の武士社会、特に戦国大名家での女性を物語るものとして、寿桂尼に関連する豊富な史料は、貴重なケースだということを感じた。鎌倉将軍家や室町期足利将軍家における女性の動向についても、今後自身の見識を深めてみたい。

▶「本ブログのトリセツ」へ

黒田基樹著『今川のおんな家長 寿桂尼』(平凡社、2021年)

黒田基樹著『今川のおんな家長 寿桂尼』(平凡社、2021年)読了。
戦国大名今川家の当主代行を務め「おんな戦国大名」とも称される寿桂尼の生涯を、彼女の発給した文書や公家の日記から丹念に検討し、戦国大名家における「家」妻の地位を明らかにする1冊。

f:id:sagisaka6656:20210302150949j:plain
黒田基樹著『今川のおんな家長 寿桂尼』(平凡社)

概要と感想

本書の序盤は、寿桂尼周辺の家族関係の確認からはじまる。寿桂尼の実家中御門家の人々や、夫氏親の姉の嫁ぎ先である正親町三条家の人々など、氏親・寿桂尼の多くの縁者が駿府に下向しており、当時の駿府の繁栄がしのばれた。また、寿桂尼所出の子は、長女吉良義堯妻・長男氏輝・次女中御門宣綱妻・三女北条氏康妻・四男今川彦四郎としており、四女瀬名貞綱妻・次男恵探・三男義元は庶子と推定している。近年寿桂尼の子をめぐる研究の進展により、戦国期今川家の家族構成が徐々に明らかになっている。

本書の特徴は、寿桂尼の発給した27通の文書全ての読み下しと現代語訳を載せ、逐次解説を行っていることである。今川氏親が死去し、息子氏輝の政務を代行したころの文書や、義元が当主となったのちに自身の家政支配のために出された文書など、今川家における立場の変化を発給文書から読み取っている。また、寿桂尼の父中御門宣胤の日記『宣胤卿記』や、三条西実隆の日記『実隆公記』、山科言継の『言継卿記』からも寿桂尼の動向を追い、寿桂尼の居所や今川家の「奥」の様子など、限られた時期の記録にもかかわらず、様々な情報を読み取っている。

寿桂尼は、当主氏輝が政務をとれない時期に、断続的に政務を代行していたが、彼女による保証は当座のものであり永続的なものではなかった。しかし寿桂尼は今川家の「家」妻として、当主の妾を含む「奥」の統括や当主への取り成し、子どもたちの処遇の差配、近親一族の菩提の弔いを行い、他大名との外交にも関与していた。こうした寿桂尼の事例から、戦国大名家における女性のあり方や、家権力の変質について考えさせられた。鎌倉時代の北条雅子や室町時代日野富子、江戸時代の春日局など、日本史上の女性のあり方を考える上で指標となる人物のうち、寿桂尼はまさに「中世から近世へ」移行する時期において、検討の余地がある人物に思われた。

気になったところ

個人的には、今川氏親の弟と伝わる、今川心範という人物が気になった。まだまだ心範という人物に関する考察は深められていないように思われる。個人的に考察を深めておきたい人物として、ここにメモしておく。


▶「本ブログのトリセツ」へ

藤木久志著『土一揆と城の戦国を行く』(朝日選書、2006年)

藤木久志著『土一揆と城の戦国を行く』(朝日選書、2006年)読了。
日本の戦国時代における「内戦の村」の様相について叙述した8編の論文を、土一揆と飢餓と戦争の関係と、戦場の村と城の関係の2つの焦点に分けてまとめられた1冊。

f:id:sagisaka6656:20210222135303j:plain
藤木久志著『土一揆と城の戦国を行く』(朝日選書、2006年)

概要と感想

前半では、土一揆一向一揆に参加した人々の実態や、北条氏領国におきた村の退転と当主氏康の対応などから、戦国時代の政治状況や戦争に飢饉状況が大きく影響していることを明らかにしている。また軍記『清良記』から戦場の村の生々しい動向を読み取っており、戦国期の村の飢餓状況や勧農策が、近世に農書として継承されている点が印象に残った。

後半では、戦国時代の城の役割に焦点をあて、領主や土豪だけでなく村も城を築いて戦争に備えたことや、領主の城が村の生命維持の場として機能したことを明らかにしている。同様の視点は、著者の『城と隠物の戦国誌』でも述べられているところだが、本書では特に戦国期の九州や下総国本佐倉城武蔵国比企地域の城館群を事例に述べている。

特に「内戦のなかの村と町と城」の章では、惣構の役割について本佐倉城を例に考察を深めている。戦国大名北条氏が佐倉の町場に対して、北条氏領国における自由な港市としてのあり方を標榜していることから、本佐倉城の惣構に自立的な町場を封じ込めるための役割があったという点に、再考の余地を見出している。

また本書の最後には、天下統一の過程に発令されたといわれる「山城停止令」の伝承について、全国で確認された事例を紹介している。ここで見出された「山城停止令」は、同時代の史料に明文化されたものではない。近世初頭に至り山城の存立が否定され平地の城館に領主が拠点を移動する過程のなかで、「山城停止令」の伝承が生まれてきたものと考察されている。
同時代史料では確認されないものの、確かに秀吉や家康による全国統一事業の中で、山城の使用を停止する方針が存在したことは十分に考えられる。この点については後に福田千鶴氏が『城割の作法 一国一城への道程』(吉川弘文館)のなかでも述べている。

気になったところ

しかし藤木氏も福田氏も、「山城」の定義については曖昧な部分を残している。近世でも仙台城などは山上に築城しているし、備中松山城伊予松山城などの近世までつづく山城も存在する。中近世移行期における城の立地の変化や、城割との関わりについては、個々の事例のより詳細な検証を要するものと考えた。


▶「本ブログのトリセツ」へ